大阪風俗求人は高待遇が揃ってます
>

大阪の商人は風俗経営が上手な理由にはわけがあった!

京都や東京とは異なり、大阪は、もともとは、豊臣秀吉という天下人が拠点を置いた事や 徳川の寵愛も受けた事から町人文化が栄えるのに恵まれた環境で、特に、商人文化の発展も功を奏し、 庶民の生活に密着した風俗文化も栄える基盤ともなりました。

大阪の商人が作り上げた歴史

そもそも大阪人の気質として、ユニークで明るく会話がうまい、というものがあります。
これは、接客をする際には、最大の武器となります。まさしく、大阪商人の神髄といったところでしょうか。
風俗業界でも同様で、楽しくおしゃべりができて明るい人の方が人気が上がります。
そういった大阪人特有の背景もあって、大阪での風俗業の反映があるのかもしれません。

ここでは、そんな気質をもった、大阪商人についてどんな人達なのか解説いたします。

1.大阪商人の歴史

海に浮かぶ船 あまり知られていませんが、いま日本を支えている商社、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、
三菱商事は大阪が出発地点になります。
なにを言いたいかといいますと、大阪は日本の産業の発祥の地なのです。
戦後におこった財閥の再編成で東京に財源が流れ込んでいったため、いまの大阪にそんな
日本産業の中核であった面影すらありませんが、そういった過去があったのです。
もともと瀬戸内海を目の前におく日本海運において重要な場所だったので発達したのですが、
築きあげてきたものが一切なくなってしまったので、最近の大阪商人は元気がないなんて
よく言われています。
でも、いまでも商人と言えば大阪と言われる背景にはそういった 大阪商人の歴史があったのです。

2.大阪商人の気質

大阪の商人はとにかく切れ者が多いです。なぜならば、彼らの商取引は即断即決がほとんどだからです。
商品を手に取り、触った感覚で良し悪しを即判断し、取引相手に返答をする商習慣が彼らを切れ者に仕上げたのでしょう。
また彼らはビジネスチャンスに貪欲である。皆さんもこんなフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか。
「もうかってまっか」「ぼちぼちでんな」これは、漫才師の漫談をみているかのようなスピーディなレスポンスで会話がなされるのですが、
この受け答えで、会話の相手のビジネスが良好なのか不調なのかを判別し、常にビジネスチャンスを狙っているのです。
また彼らの気質で特殊なのが、高いものを買わされてしまった場合です。

彼らは安く売れることをプライドにしているところがあるのですが、その反対に高く買ってしまったときに、取引相手に自分は馬鹿に
されたと思うようで、そんなことがあったものなら数日間は機嫌を悪くするそうです。
最後に彼らの気質で面白いのが 「指示されることを嫌う」ということです。
信号待ちも彼らからすると指示されたことになるのでとても嫌なことなのです。
東京の人は信号待ちでイライラする人は少ないと思いますが、商人の気質がゆえに大阪人は信号待ちが不得意なのです。

3.大阪商人の言葉

大阪商人にはたくさんの名言があります。今回はその一部をご紹介いたします。
まず最初にご紹介したいのは 「商いは飽きない」です。これはビジネスモデルによってそのやり方が全く異なることから、業種、業態の
数だけ違うビジネスモデルがあり、たくさんあって飽きないという意味です。
大阪人らしく、ダジャレになっているあたりが最初にご紹介した理由です。
続いてご紹介したい言葉は 「商は笑なり」です。これは商売とは買う人と売る人のふたりがいて、お互いにニコリと笑うことで商売が
成立するということから言われています。
商人の道というのが大阪商人にはあり、商売は客を喜ばせることであり、客をだまして利益をあげることではないという大阪商人の商売に
対する理念があらわれている言葉ではないでしょうか。

続いては、「損して得をとれ」です。商売のコツのような言葉で、目先の利益を見ていないで、将来的な利益にも目を向けましょうという、
投資とリターンの原則について語られている言葉です。
大阪商人というと、即断即決であまり、長期的なビジネスには無頓着なイメージがありますが、それは筆者の思い込みだったようです。
続いてご紹介するのは「始末」です。
よく耳にする言葉だと思いますが、実はこの言葉はとても奥が深いのです、始末の「始」と「末」は始まりと終わりを意味しており、
「計画」と「結果」以外の無駄を省くということを表しています。
つまり、計画通りにやっていけば成功することも、計画した道を外れて余計な無駄遣いや寄り道をすると結果が得られないことが
ほとんどですよね。
そういった無駄な計画外のことをしない、「計画」と「結果」だけを見なさいという意味なのです。

よく時代劇なんかで「始末しておけ」という言葉を聞きますが、あれは「計画を遂行するのに、邪魔になっているものを取り除きなさい」
という解釈が正しいのであって、始末=殺害という意味ではありません。
商家の家訓という書籍に掲載されている大阪商人の言葉として「始末」は取り上げられており、その書籍の解釈では「始末」は
「経済活動における一貫した計画性」となっています。

続いては「生きガネを使わなあかん」です。
これはちょっと胸が熱くなるかもしれませんので心して読んでほしいのですが、お金は天下の回りものですよね。
人が喜び、自分が喜び、お金も喜ぶ、そういうまわり方をしたお金のことを生きガネというのです。
そういったお金を使わなければだめだよということを言っており、人を悲しませて手に入れたお金は使っては駄目だと言っているのですね。
つくづく大阪商人というのは商売に対してプライドが高いのが良く分かります。

最後にご紹介する言葉は「商売は牛のよだれ」です。
牛のよだれって、粘りがすごいらしくそれが語源になっているそうなのですが、商売は粘り強く継続的に利益をあげていかないといけません
よということなのです。
確かに単発で終わってしまう商売って、商売ではないのですよね。
長期的に継続して利益を上げられなければ、前述した「目先の利益にとらわれている」に過ぎないのですね

いかがでしたでしょうか。
大阪の商人の言葉をいくつかピックアップさせていただきましたが。
どれもこれも、よくビジネス書で見かける言葉だなって思った方も多いのではないでしょうか。
海外から用いられたマーケティングの書籍の載っている内容なんて大阪商人からしたら当たり前の話なのです。
それだけ大阪商人というのは、こと商売に関して長い歴史をもち、それだけの重みをもっているのです。
ただ残念なのが「うしのよだれ」とか「商売は飽きない」とか、ちょっと汚い表現やダジャレで伝えている言葉があったり、あんまり
世界に浸透しなかったのではないかと思いました。

4.大阪商人の寄付

大阪城 大阪商人に限らず大阪人全般的に 商売にガメツク、ケチでとにかくひとことで金に汚いイメージ
があります(あくまでイメージですけど)。
ですが過去大阪城の再建を市民の寄付により達成させた偉業があるのは
ご存知でしたでしょうか。
昭和3年に当時の市長が呼びかけ、わずか半年の期間で現在の価値で600~700億円もの金額が
寄付されたのです。
こんなことができるのは大阪商人だけではないでしょうか。

5.大阪商人による風俗経営

商人の街と言われる大阪であればやはり夜の商売もきっと、東京と一風変わった感じが期待されますが、とくに違いはありません。
場所的にはミナミ(難波・道頓堀)集中している傾向がありますので、そういった遊びをしたい観光客はみんなミナミに集まります。
大阪商人の経営自体には前述のとおり関東との違いはありませんが、働く女性たちはやはり大阪商人の末裔ですので、やはり面白い。
トークが関東の子と違ってテンポがよく、それを好んでリピータの数が多いのも大阪の風俗ならではなのかもしれません。
昨今は大阪の風俗業界の景気も良い為、その手の求人情報は常に応募がきており、ナイトワーク系の広告代理店を営む商人は、
右手にうちわ状態です。ちなみに求人が多いということは大阪の風俗はそれだけ、可愛い子が多いということになるので、
さらに観光客と地元客がリピートしてくれて好循環を生んでいるようです。